MENU

やっぱり腸活は必要です。

ためしてガッテンで 2015年6月10日に糖尿病の特集が放送されました。
ためしてがってんといえば立川志の輔(たてかわ・しのすけ)さんと、小野文恵(おの・ふみえ)さん司会の
NHK長寿人気番組ですよね。

 

ここでイヌリンを取り上げる、糖尿病についての放送がありました。

 

今では生活習慣病の一つとなっていることから人々の関心は今まで以上に高まっていると言えるでしょう。
糖尿病の効果的な治療として長らく食事制限がメインとなっていました。これは血糖値が上がるものを食べてはいけないという考えに基づいた食事療法です。
しかし、今回の「ためしてガッテン」では従来の食事療法を見直し、腸に良いものを食べることで腸内環境を改善し、そこから糖尿病を予防あるいは改善していこうとしているのです。

 

ここで興味不快内容となっているのが、整腸作用のある食物繊維です。
中でも水に溶けやすい性質のある水溶性食物繊維に高い効能があると認められたのです。
結果として糖尿病の進行を抑制するにはインシュリンが最も効果的とされていますが、この整腸作用のある食物繊維は「天然のインシュリン」とも呼ばれていていて、当然ですがインシュリン注射よりもこの食物繊維の摂取のほうが体には優しいといえます。

 

イヌリンやっぱり大事

「ためしてガッテン」では、
慶應義塾大学 医学部 腎臓内分泌代謝内科の伊藤医師が登場!
伊藤医師は7000人以上の会員数を誇る日本内分泌学会の会長をしている賢威です。

 

伊藤医師によると、腸内細菌を増やすには「イヌリン」などのエサを与えといいと言います。
イヌリンは、食物繊維の一つである。それは血糖値を下げる腸内細菌の非常にいいエサになると言っていました。
そのイヌリンを含んでいるのは野菜や、海藻、きのこ類などで、これらを食べることにより腸にスイッチが入るのだそうです。
イヌリンと腸の働き
腸の活動
イヌリンは天然の植物(食べ物)で食物繊維も豊富に含んでいます。
イヌリンも効果でも腸活が活発になることがわかっています。。

イヌリンについての記事を確認する