MENU

インスリンとは?

インスリンとは膵臓から出る身体のホルモンで、血糖値を下げる働きがあります。そして血糖値を下げる働きのあるホルモンは、このインスリンのみです。
食事をすることで、膵臓にあるランゲルハウス島という組織からインスリンが分泌されます。また、インスリンは血液中のブドウ糖を脂肪細胞や筋肉に運び込む働きをしています。
インスリンの効きが悪くなってしまうと高血糖になり、糖尿病へと発展してしまうのです。糖尿病1型の患者さんや、2型の糖尿病で経口剤による治療効果が現れない人などにインスリン療法が用いられます。

 

インスリン製剤の種類

インスリン製剤とはインスリンの注射のことを言います。そしてインスリン製剤には5つの種類があります。

 

1、超速攻型

注射後10〜20分で効果が出始めます。そしてその効果は3〜5時間ほど持続するのが特徴です。食事の直前に注射する必要があります。
具体的な種類としては「ノボラピッド」「ヒューマログ」「アピドラ」などがあります。

 

 

2、速攻型

注射後30分〜1時間で効果が出始めます。そしてその効果は5〜8時間ほど持続します。食事の20〜30分前に注射する必要があります。
具体的な種類としては「ノボリンR」「ヒューマリンR」などがあります。

 

 

3、中間型

注射後30分〜3時間で効果が出始めます。効果は24時間ほど持続します。
具体的な種類としては「ノボリンN」「ヒューマリンN」、「ヒューマログN」などがあります。

 

4、混合型

速攻型と中間型の混合です。注射後10分〜1時間で効果が出始め、24時間持続します。食事の20〜30分前に注射する必要があります。
具体的な種類としては「ノボリン30R」「ヒューマリン3/7」などがあります。

 

 

5、持続型

注射後1〜2時間で効果が出始めます。そして効果は24時間持続します。
具体的な種類としては「ランタス」「ランタスXR」などがあります。

 

インスリンの副作用

インスリン療法は気をつけなければならない副作用があります。それは低血糖です。
・低血糖の症状
低血糖の最初の症状としては発汗、不快感、動悸、頻脈、生あくびが出ます。そして今度は目のちらつき、だるさ、眠気、吐き気、イライラ、頭痛などが起きます。
このような初期症状を放置してしまうと、冷や汗や手のふるえ、動悸、めまい、顔面蒼白などの症状へと発展していまいます。最悪の場合は意識を失う、けいれん、深い昏睡状態になることもあり得るのです。

 

・低血糖の対策
しっかりと低血糖の初期症状を理解しておくこと、低血糖になったときのためにブドウ糖をすぐに摂れるようにしておくことが大切です。スティックタイプの砂糖や清涼飲料水などがオススメです。
もしも外出先で倒れたときのために「糖尿病カード」や「お薬手帳」を持ち歩きましょう。

 

インスリンポンプ療法

インスリンポンプ療法とは、特別なポンプとセットを使ってインスリンを少量ずつ投与する方法です。健康な人は24時間少しづつ膵臓からインスリンが分泌されています。インスリンポンプ療法は、そんな健康な人の膵臓と似た働きをします。
また、インスリン注射は1日に決められた数の量を注射しなければなりませんよね。しかしインスリンポンプ療法は予定が変わったときでも途中で注入をコントロールすることができます。
ライフスタイルに変化が多い人や、妊婦さん、子供、インスリン量が少ない人には特に適している療法です。
ヘモグロビンa1cや、血糖値が下がったイヌリンの凄さはこちらから!