MENU

HbA1c(NGSP)で5.6だけど大丈夫?

NGSPというのは国際標準値のことです。
健康診断ではこのHbA1c5.5%という値を保健指導を行うかの一つの目安としています。
この健康診断は特定健診とも呼ばれていて、生活習慣病を予防するための健康診断です。
この生活習慣病の予防の観点から、HbA1cの値が5.6%を超えている場合について生活習慣の見直しを推奨しているのです。
これは運動不足、肥満、過食、喫煙、飲酒など様々な点について注意を喚起しています。
近年糖尿病についての意識の高まりからこの5.6という数値をとても気にしている人が多くなっているようです。
結果としてこの5.6という数字は高い数字ではあるのですが、経過観察の意味合いが強く、注意を喚起する意味合いのものです。良いわけではないが悪いとも言えないという数値ということです。
実際に気をつけなくてはいけないのは6.2%以上となってからです。(こうなるともう糖尿病型と診断されます)
それまでは大丈夫と考えていいでしょう。
糖尿病の簡単な診断基準はこちら

HbA1c(NGSP)で5.6ならイヌリンがおすすめ

ただ、糖尿病対策というのは、早めに行っていたほうがいいのは言うまでもありません。
糖尿病になってしまったら、大変です。

 

早めの対策でおすすめなのが、イヌリンを毎日摂取するということです。
菊芋というおイモがあるのですが、その中に「イヌリン」という糖尿病対策に抜群の成分が含まれています。
菊芋をかって、毎日食べるのは経済的にも、料理などの手間、なども考慮すると現実的ではありません。
しかし、前田の菊芋というサプリメントなら「イヌリン」が手軽にとれます。
このイヌリンを毎日摂取した人のデータが公開されています。
イヌリンの凄さは株式会社「オアシス」と大阪大学の教授との共同作業で実証しています。
菊芋由来のイヌリンを摂取し続けた結果、2人とも問題ない数値まで下がっています
この他にもたくさんの方のデータがあります。
ヘモグロビンa1c、血糖値などの数値は油断しているとあっという間に上がってしまう方が多いです!
少しでも早めに対策をオススメします。
大阪大学との研究で実証した方法とデータはこちら

年齢

60代

60代

性別

女性

男性

  血糖値 hba1c 血糖値 hba1c
開始前の数値 290 9.2 211 7.7
1ヶ月後 190 8.0 180 7.2
2ヶ月後 132 6.7 150 6.3
3ヶ月後 108 6.3 120 5.9

10人以上数値改善の結果がでたイヌリンの凄さ

↓↓↓