MENU

イヌリンの菊芋レシピ

菊芋は植物繊維を主体とした植物で、イヌリンとも呼ばれています。イヌリンは、ゴボウ、玉ねぎ、人参などに含まれる糖の一種で、摂取しても体内に吸収されることはありません。じゃがいもや米、白パンなどに含まれるデンプン糖は、体内に吸収されやすく血糖値を上昇させます。そのため、これらの植物は糖尿病などの原因となります。糖分は必要なものですが、過剰に接収すると糖尿病や肥満を引き起こします。
イヌリンはデンプンが殆ど含まれておらず、体内の消化酵素で分解されずに体外へ排出する効果があります。
さらに炭水化物の糖分を取り込み、一緒に大腸へ運ぶ働きが期待できます。
イヌリンは体内に糖が吸収されることを防ぐ効果があるのです
そのためイヌリンは血糖値を下げる働きがあるため、糖尿病の食事にも有効です。
イヌリンはほんのりとした甘さがあり、色々な料理と相性が良い食材です。
イヌリンのレシピは、自然の味を活かした料理や高脂肪分食品の代用まで様々なレシピがあります。菊芋は生のままサラダで食べることができますが、加熱するとより多くの量を摂取することが可能になります。レシピには漬物、煮物などが適しています。
イヌリンと長ねぎや人参などをにんにくで炒めた炒め物や、筑前煮の要領で煮ることで煮物も作れます。みじん切りにしてハンバーグなどに混ぜると子供でも美味しく食べることができます。
イヌリンを使った料理をする時間がとれない場合にはサプリメントを利用しても同様の効果を得ることができます。
デンプンを主体とした芋類ではないため、糖分が気になる糖尿病の場合などに取り入れたい食物です。
前田の菊芋などは糖尿病の患者さんも多く購入していてとても人気です。
実際に数値が下がった!もうインスリンは必要ない!などの声も多くあるので、一度お試しするといいと思います。

10人以上数値改善の結果がでたイヌリンの凄さ

↓↓↓