MENU

糖尿病を解消する効果が期待できる菊芋

糖尿病は生活習慣病とも呼ばれています。
糖尿病の原因は、インスリン不足です。
インスリンは、すい臓で作られるホルモンで、細胞が血液からブドウ糖を取り入れてエネルギーにするのをサポートしています。
インスリン不足が原因となり、血液中のブドウ糖の濃度が高くなります。
この状態を高血糖と呼びます。そして、高血糖が続く状態が糖尿病なのです。
糖尿病になったら、まず生活習慣の見直しをすることが大事です。
栄養バランスの取れた食事や適度な運動も重要です。
糖尿病は、悪化すると合併症の危険もあるので、注意が必要です。
できるだけ早く病院で検査をして、早めに治療を行うことで、合併症のリスクを減らすことができます。
糖尿病を解消する効果が高い食材の中で、注目を集めているのが、北アメリカ原産の菊芋です。
天然のインスリンと呼ばれており、血糖値を下げる効果が期待できます。
菊芋は、キク科の植物で、イヌリン、ポリフェノール、ミネラル、ビタミンなどを含み、糖の吸収を抑えます。
また、イヌリンという成分が、腸内の糖を体外に排出するため、血糖値が上がるのを防ぐのです。
イヌリンは、ノンカロリーの糖質で、多糖類の一種です。
腸内でビフィズス菌など善玉菌のエサになるため、イヌリンを摂取すると腸内環境が良くなります。
イヌリンには、脂肪を包み込んで脂肪の吸収を妨げる効果も期待できます。

最近は、菊芋を配合したサプリメントやお茶が人気を集めています。

10人以上数値改善の結果がでたイヌリンの凄さ

↓↓↓