MENU

糖尿病にならないためのおすすめの予防法

糖尿病 予防のためには、運動と食事のバランスを整えることが特に大切です。食事では、水溶性食物繊維を欠かさずに摂取するために、海藻や野菜を多く摂取していきます。主食となる穀物は、ご飯の場合には大麦を混ぜることで、食物繊維の量を大幅に増やせます。パンや麺類を食べる場合には、全粒粉が原料の種類を選べば、食物繊維の不足を防ぎやすくなります。

 

健康的な食事をしながら、普段はサイクリングやウォーキングを実践して、インスリンの分泌を促進していきます。サイクリングについては、スポーツとして行いながら、普段の移動手段としても実践すれば、効果は相乗的に高くなります。自転車に乗ることで、有効な有酸素運動になり、余計な脂肪は徐々に燃焼していきます。

 

糖尿病 予防の食事であっても、糖質を過度に抑えることは良くないため、最低限は摂取することが大事です。同時に味わいが偏ることを避けて、5つの味を少しずつ吸収するようにします。間食としてお菓子を食べるときには、寒天や小豆が豊富に使われる和菓子を選べば、食物繊維のおかげで血糖値の上昇が抑制できます。適度な間食をエネルギー源にして、運動も積極的に行っていれば、健康のバランスが強固になります。

10人以上数値改善の結果がでたイヌリンの凄さ

↓↓↓