MENU

う!やばい!尿が甘い匂いがする!これって・・・!?

オシッコから甘い臭いがしたら糖尿病?

オシッコから甘い臭いがしたら糖尿病が疑われます。
尿から甘い臭いがすることも問題ですが、もっと深刻なのは、甘い臭いがするということは血糖値が基準値よりも高い状態にあるということです。
このような状態になったら、重要なのは現状把握です。
「尿が甘い臭いがする」というだけで、糖尿病だと診断はされません。血糖値などを調べて総合的に判断されます。
とりあえず早めに病院ヘ行き、受診することをオススメします。

 

糖尿病は尿から糖が出る病気?

糖尿病という名前から、尿から糖が出る病気というイメージがあるかもしれません。
しかし糖尿病は高血糖が続いていることを言います。そして尿から糖が出るのは、基本的に血糖値が170〜180mg/dl以上になっているときです。ですので、必ずしも糖尿病だからと言って尿から糖が出る訳ではないのです。
とブドウ糖がエネルギーとして体に吸収されることが正しいのに、高過ぎる血糖値の場合はこの処理が追いつかず、尿と一緒にでてきてしまうのです。

 

どうして糖尿病かもしれないのかというと、糖尿病の初期症状の一つとして尿に糖が混ざることがあるからです。糖は砂糖のように甘い臭いがするため、普段とは違った臭いを感じたら糖尿病かもしれないのです。
簡単な血液検査を数回行えば糖尿病であるかどうかを知ることが出来ます。症状によって治療薬を処方してもらったり、生活習慣の改善指導を受けることが糖尿病治療の特徴です。

 

糖の対策

自分で行える対策として血糖値を下げるサプリもおすすめです。血糖値を下げるサプリは食前や食後に利用するケースが多く、食事による血糖値の上昇を穏やかにしたり、糖の吸収を抑えたりと様々な効果をもたらすため、糖尿病の改善に大変効果的です。
糖尿病が怖いのは様々な合併症を引き起こし、時には命の危険をも伴う重篤な症状を引き起こす可能性もあるからです。
現代の日本人は食生活や生活習慣の乱れなどから糖尿病になるケースが大変多く、他人事とは言っていられない状況にあるため、尿の状態がいつもとは違うなと感じたときには一度診察をすすめます。
専門医の指導の元、適切な対応をしましょう。