MENU

糖尿病 治療とは

糖尿病 治療には、食事療法・運動療法・薬物療法などがあります。食事療法は、カロリーを摂り過ぎないようにバランスのよい食事を心がけるものです。
間食やアルコールは極力控えるようにし、一日の摂取カロリーを守ります。糖尿病腎症などの合併症を併発している場合は、腎臓に負担をかけないように、さらにタンパク質や塩分を抑えた食事にしなければなりません。消費するカロリーよりも摂取するカロリーが多くならないようにしなければなりません。
運動療法は、運動することによって糖分や脂肪などをエネルギーに変え消費を促す方法で、食事療法と並んで糖尿病治療のベースとなるものです。運動することによってインスリンが活性化し、本来の働きをしてくれるようになります。
急激な運動は、心臓や血圧、膝や腰などに悪影響を与えることがあり、低血糖症を引き起こす可能性がありますので注意しなければなりません。薬物療法は、かなりの高血糖の場合に、薬で血糖値を下げる方法です。食後の血糖値の上昇を抑える薬や、すい臓を刺激してインスリンの分泌を促す薬、インスリンを外から補い血糖値を下げるインスリン注射があります。糖尿病は生活習慣が原因となる場合が多いので、生活習慣や食事、運動などを入院して指導する教育入院もあります。

10人以上数値改善の結果がでたイヌリンの凄さ

↓↓↓