MENU

イヌリンの効果とおすすめサプリメント

 

目次

  1. 糖尿病対策で大注目!イヌリンってどんな成分?

    1-1.効能は?
    1-2.効果は?(血糖値、ヘモグロビンa1cが下がったデータ公開!)←★おすすめ

  2. イヌリンの体内での働き
  3. イヌリンって太らない甘味料といわれているのはなぜ?
  4. イヌリンに副作用ってあるの?
  5. イヌリンを多く含む食品ってなに?
  6. 菊芋とは?イヌリンが豊富な魔法の食材

    6-1.菊芋の効果と効能とは?

  7. すぐできる 簡単な糖尿病 チェック
  8. 血糖値下げる食べ物
  9. 糖尿病にならないための運動のすすめ
  10. 血糖値 とは?血糖値について解説
  11. 菊芋は糖尿病予防に効果あるのか?
  12. 生活習慣病予防に最適!菊芋の糖尿病への効果とは?
  13. 難消化性デキストリンってなに?

 

イヌリンってどんな成分?

現在人気となっている血糖降下野菜である菊芋に多く含まれている成分がイヌリンです。
イヌリンは多糖類の一種で栄養を蓄える働きがあります。
多糖類とは、糖質の最小単位である単糖が多数結合したものをいいます。
糖尿病を患う人は年々増加傾向にあります。これは長年の傾向で増加傾向に歯止めが利かない状況なのです。
そうなると糖尿病は誰でもかかる病気と安易に考えられがちですが、進行すると足の切断や全身のしびれ、さらには失明などを引き起こすということで、これを聞くと興味を持たざるを得ない人もたくさんいることでしょう。
今回紹介するイヌリンは菊芋やごぼうなどに多く含まれている成分です。

イヌリンの効能は?

イヌリンは糖質です。甘味料として用いられることもあるようですが、難消化性という性質上、体内に吸収されることがないためダイエット食品などにも利用されています。
難消化性、これはよく知られている食物繊維がこれにあたります。
人間はイヌリンを分解する酵素を持っていないので、菊芋やゴボウなどイヌリンを含む食材を摂っても糖分は消化されずに体外へ排出されます。
そのためブドウ糖の生成を抑え、さらにはインシュリンの分泌量を低下させる効能があります。これらの相乗効果によって血糖値の上昇を抑えることができるのです。また、インシュリンの分泌が増えるとそれがどんどん脂肪に蓄えられていきます。それが代謝されなくなると、すなわち肥満ということになります。

 

インシュリンの分泌量を低下させるイヌリンはそのままダイエットにも効能のある成分と言えるのです。

イヌリンにはどんな効果があるの?

イヌリンはよく知られているでんぷんと同じ糖質です。ところが難消化性という性質上ブドウ糖には変化しないのです。
この性質を利用してイヌリンには次のような効果があります。

糖尿病を予防する効果

血糖値をあげる原因となっているのはブドウ糖ですからブドウ糖に変化しないイヌリンはすなわち血糖値を上げない効果があります。
イヌリンは食物繊維に分類されています。消化酵素で消化されないものが食物繊維なのですが、イヌリンも食物繊維の一つなのです。
ここで大事となってくるのが、イヌリン自体が消化吸収されにくいだけではなく、イヌリンと一緒に食べたものも消化吸収されにくいということです。
このため、結果的に血糖値の上昇を抑制しますので糖尿病を予防する効果があるということになるのです

イヌリンで血糖値、ヘモグロビンa1cが下がった。大阪大学のデータ


大阪大学、近藤礎教授チームが、「前田の菊芋」というイヌリンが豊富に含まれる菊芋を抽出したサプリメントを、血糖値150以上の人に3ヶ月間飲み続けてもらった結果、全員の血糖値を下げることに成功しています。
http://ebmrce.co.jp/outline/
大阪大学、近藤礎教授チームの調べ(2015年9月)

  • 試験条件
  • 毎食前に1日3包
  • 朝、昼、晩、

・空腹時の血糖値126(mg/dl)以上で糖尿病型です。

 

・HbA1c値 6.5%(NGSP値)以上で糖尿病型です。

 

菊芋由来のイヌリンを摂取し続けた結果、2人とも問題ない数値まで下がっています
この他にもたくさんの方のデータがあります。

 

 

年齢

60代

60代

性別

女性

男性

  血糖値 hba1c 血糖値 hba1c
開始前の数値 290 9.2 211 7.7
1ヶ月後 190 8.0 180 7.2
2ヶ月後 132 6.7 150 6.3
3ヶ月後 108 6.3 120 5.9

イヌリンの凄さ!「前田の菊芋」はこちら

↓↓↓

腸内の環境を整える効果


イヌリンは胃や小腸を抜けて、大腸に到達する頃にフラクトオリゴ糖に変わります。これはビフィズス菌や善玉菌のエサとなることで腸内に善玉菌を増やし、それが腸内の環境を整える効果に一役買っているのです。
また、食物繊維が便秘に効果があることは広く知られています。
イヌリンも食物繊維の一つですから、当然便秘解消にも効果があるのです。

イヌリンの体内での働き

天然のインシュリンとも言われているイヌリンは血糖値を抑えてくれる効果があります。
また、イヌリンは体内で消化吸収はされないということですが菊芋やゴボウなどを食して体内に入り、大腸でフラクトオリゴ糖という糖分になります。
大腸には様々な菌が存在しているのですが、このフラクトオリゴ糖は体内に良い影響を与える善玉菌の栄養源となり、腸内環境を整えてくれるのです。体内では血糖値を抑えること、腸内環境を整える働きがあるということになります。

イヌリンって太らない甘味料といわれているのはなぜ?


イヌリンは糖質ですから当然甘いので甘味料としても用いることができます。
そして、前述しているのですが、このイヌリンは体内に吸収されません。
これはつまり太らないということになるのです。
さらに食物繊維ですから、便秘を改善して他の成分と取り込んで結果として老廃物を排出してくれます。
そのため便秘の改善と合わせて高いダイエット効果があるのです。

 

イヌリンに副作用ってあるの?

副作用という考え方は薬に対してですので「副作用」はありません。
イヌリンは菊芋やゴボウなどの根や地下茎に多く含まれているものです。
それでも気をつけなくてはいけないことがいくつかあります。
それは過剰摂取です。
食物繊維が多く含まれていますから、たくさん食べることでお腹が緩んでしまうこと、さらにはガスが出やすくなるといったことが報告されています。
効果があるからといって過剰に摂取するのは菊芋でなくても気をつけたいところです。。
逆に言うとそれ以外に心配はありませんから少量から摂取を初めてイヌリンの成分を体に馴染ませるとより高い効果が期待できるということです。

 

イヌリンを多く含む食品ってなに?

イヌリンを多く含む食品

 

イヌリンを多く含んでいる食品として菊芋やごぼうなどが知られているのですが、他にもチコリ、小麦、ニラ、ニンニクなどがあります。
イヌリンを含む食物繊維は日に20g程度の摂取が理想とされていますが、一番含有量の多い菊芋でも100g以上食べなくてはいけない計算となります。

イヌリンが豊富!魔法の食材 菊芋とは

菊芋という和名のような名前がついていますが、原産は北米で日本には江戸時代末期に伝来した外来種です。
菊のような花が咲く芋なので菊芋という名前がついたそうです。
食材としては、塊茎を食用とします。料理は牛乳煮、バター焼き、フライ、スープ、味噌漬け、煮物などです。

菊芋の効果と効能とは?

本来日本にはない外来種である菊芋ですが、江戸時代末期に伝来したということですでに国内に根付いている食材です。
その効果効能を紹介します。

効能とは?

菊芋

菊芋は食材として知られていますが、その効能としては糖尿病の予防とダイエットに対する効能です。

それは菊芋に含まれているイヌリンによる力が大きいのです。
イヌリンは甘味料として用いられることもありますが、難消化性ということで、体内に吸収されにくい性質を持っています。このことからブドウ糖の生成を抑え、それがすなわち血糖値の上昇を抑える効能があるのです。
また整腸作用にも高い効果を発揮して便秘解消、さらにはダイエットにも高い効能を発揮します。

効果とは?

菊芋はその食材としては利用できる範囲が限られるものですが、食物繊維であるイヌリンを多く含んでいることから便秘の解消に効果があります。
また、定期的に食用することで血糖値の抑制にも効果があり、それが糖尿病の予防にも繋がるのです。
菊芋はそれほどスーパーで見かけることがありません。そのため摂取を目的とするのでしたら、イヌリンを粉末化したサプリなどが販売されているのでそれを利用するようにしましょう。
★菊芋に豊富に含まれるイヌリン摂取で血糖値、ヘモグロビンa1cが下がった数値の結果はこちら

すぐできる 簡単な糖尿病 チェック

糖尿病の診断数値

血糖値
1 早朝空腹時血糖値 126mg/dl以上
2 75g経口糖負荷試験(OGTT)2時間値 200mg/dl以上
3 随時血糖値 200mg/dl以上
ヘモグロビンa1c

4

 

ヘモグロビンa1c(NGSP 6,5以上
ヘモグロビンa1c(JDS) 6.1%以上

1〜4のいずれかが確認された場合は「糖尿病型」と判定。ただし1〜3いずれかと[4]が確認された場合には、糖尿病と診断されます。

2013年4月より、特定健診等では、NGSP値のみが使用される。
日常臨床においても2014年3月までにNGSP単独表記となる。
【糖尿病対策推進会議より(日本医師会日本糖尿病学会日本糖尿病協会)】

随時血糖検査

血糖値を測る際に、食後からの時間を定めずに採血し検査すること。
随時血糖値が200mg/dL以上ある場合は、「糖尿病型」と診断。

 

早朝空腹時血糖検査

血糖値を測る際に、検査当日の朝食を抜いた空腹の状態で採血し検査すること。
早朝空腹時血糖値が126mg/dL以上ある場合は、「糖尿病型」と診断。

 

HbA1c値が6.0〜6.9%(NGSP値)の状態を放置すると、高い確率で7〜7.9%になり、あっという間に8%を超える方が多数います。
血糖値が高いほど膵臓は無理をしているためインスリンを出す力は加速度的に悪化していき、血糖値は益々上昇してしまいます。

日々の健康に気を使っている方は多くいますが、いまいち自分が現在病気になっているのかどうかわかっていない場合があります。1年に1回ほどおこなわれる健康診断で異変が見つかり、再検査して病気が見つかったというケースも多々ありますが、できることなら日頃の日常生活の中でじぶん1人で病気のチェックができる方法があれば便利です。病気の中でもとくにおそろしいのが、糖尿病です。糖尿病は、放置しておくとインシュリンを毎日打たなければならないハメになったり、重篤化すると腎臓透析を受け続けなければならないこともあり、それだけではなく、もっとひどくなれば失明のおそれもある病気です。糖尿病 チェックを日頃から心がけることが大切ですが、この糖尿病 チェックの方法は、血糖値を調べることも必要なのですが、血圧計で血圧を毎日測るという習慣を身に付けることです。たいていの場合、高血圧の方は糖尿病に罹るリスクが大きいため、血圧をコントロールすることが不可欠なのですが、毎日の糖尿病 チェックを心がけることによって、自分自身の血圧の状態を把握しておくことができますし、それによって症状がひどくなるまで放置しておくということを防ぐことができます。

 

特定健診や、事業主健診では2013年4月から新しいHbA1c(NGSP)が使われます。
これまでのJDS値は6.1%だった場合、2013年4月移行のNGSP値は
プラス0.4%になって、6.5%になるということです。

 

血糖コントロールの指標と評価

血糖コントロールがうまくいかない状態(高血糖状態)を放置するとさまざまな合併症を引き起こす可能性があるため注意が必要です。
糖尿病の合併症には3大合併症といわれる「網膜症」、「腎症」、「神経障害」、その他、大血管障害といわれる「心筋梗塞」、「脳梗塞」などがあります。
合併症を引き起こさないためにも血糖コントロールが普段から非常に重要になります。
食べ物、運動、飲み物等、意識しながら生活をしましょう。

指標

 

不可

 

    x
HbA1c(NGSP)% 6.2未満 6.2〜6.9未満 6.9〜7.4未満 7.4〜8.4未満 8.4以上
HbA1c(JDS)% 5.8未満 5.8〜6.5未満 6.5〜7.0未満 7.0〜8.0未満 8.0以上

空腹時血糖値
mg/dl

80〜110未満 110〜130未満

130〜160未満

160以上

食後2時間血糖値
mg/dl

80〜140未満 140〜180未満

180〜220未満

220以上

日本糖尿病学会編:糖尿病ガイド2012-2013.25頁より(一部改変)

今、「前田の菊芋」はイヌリン成分を多く含んだ糖尿病対策で、最もおすすめのサプリメントです。

↓↓↓

 

糖尿病にならないための運動のすすめ

糖尿病にならない 運動
生活習慣病の中でも特に糖尿病は気をつけたい病気のひとつです。
血糖値が高くても初期の頃はあまり症状が出ないので油断してしまいがちですが、症状が進んでくると疲れやすくなる、食べているのに痩せるなどの症状も出てきますし、様々な合併症を起こすことでも知られています。

 

それゆえに、これといった症状が出ていないという場合も、血糖値の高さを指摘されたら早めに対策を行っておくことがおすすめです。
糖尿病では食事の管理が大切ですので、食生活の見直しを行い、過剰に血糖値があがらないようにしましょう。

 

そして血糖値を下げるためには運動も取り入れていくことがおすすめです。筋肉を動かすためにはエネルギーが必要となりますが、エネルギーはブドウ糖ですので、運動することで、ブドウ糖が使われ、血糖値が下がることとなります。

 

この場合も激しい運動でなくてもウォーキングなどの手軽に行える運動で良い効果を期待することができますので、毎日続けていきましょう。

 

糖尿病は肥満も良くありませんが、運動を取り入れることでダイエット効果も期待できますし、痩せることでインスリンの働きも良くなります。
だらだら歩くだけでは良い効果を期待できませんので、腕を大きく振る、姿勢を正しく歩くなど運動の効果を高められる歩き片を心がけましょう。

 

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げるおすすめの方法・運動編

 

血液中の酸素を体の隅々まで運ぶ役割を持つヘモグロビンが糖に反応した物をヘモグロビンA1cといいます。
この数値は糖尿病治療で大切な最近数ヶ月分の平均的な血糖値を知る際に使われています。そのため、この数値を下げることが糖尿病改善に効果的とされるのです。
では、ヘモグロビンA1cの数値を下げるにはどうすればいいのでしょう。
まず一番は運動療法があります。
糖尿病を患う方の多くが運動習慣がなく、慢性的な運動不足であるため、日常の中にそうした習慣をとりいれることは効果的なのです。
ただし、いきなり過度な運動は負担が大きい上に、継続することが難しいため、最初は無理のない範囲で一日数十分のウォーキングなどからはじめるとよいでしょう。
いきなりヘビーは運動はさけ、ストレッチなどからの軽めの運動でも効果的です。
体の「めぐり」をよくしてあげましょう。
またヨガなどはインナーマッスル(内側の筋肉)が鍛えられますので、代謝が活発化しますので、オススメです。

 

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げるおすすめの方法 食品編


次に食事療法も大切です。
当たり前ですが糖尿病と食生活は大きく関係していますので、自分の食生活を見直すと同時に糖を下げる作用のある食品を積極的に摂りいれるようにしましょう。
血糖値下げる食べ物は、日本人が昔から食べ続けてきた伝統的な和食と考えた方が良いかもしれません。現代のように、血糖値が上がってしまったり、成人病が増える要因となっているのは、食の欧米化の影響によるものであるともいわれています。本来、日本人と欧米人の体のつくりは異なるものです。日本人の場合には、古くから穀物など、植物を多く食べ物にしていたため、消化に時間がかかる食物繊維にも対応できるように、胃が長くなっています。根本的にそのような違いがあるのにも関わらず、最近では、肉食、動物性脂肪の多い食べ物が一般的になってしまいました。そのため、そのような食べ物に対処できない日本人は、血糖値が上がってしまうことにもなるのです。
血糖値さげる 食事
1日で1600キロカロリーのバランスのよい食事。
朝食:ごはん、納豆のおろし和え、味噌汁、野菜炒め、ぶどうで400キロカロリー!

 

ですから、血糖値を下げるためには、規則正しい食生活をするということだけでなく、その内容にも気を付ける必要があります。牛や豚などの肉は極力避けるようにして、魚や鶏の脂身のすくないところを食べるように心がけ、味噌汁や豆腐などの大豆製品を積極的に取るようにしたいものです。また、野菜も忘れずに食べることが大切です。体にいいからといって、同じものばかり食べ過ぎてはいけません。バランスよく食べることが重要なのです。
先述したように食生活の改善が糖尿病の治療には重要ですが、日ごろの生活の中でバランスよく栄養がとれなくなってしまっては体に悪影響です。
必要な栄養を摂取しながら、さらに血糖値を下げる作用のあるサプリはおすすめなのです。
このような方法を日常生活に取り入れることで血糖値が安定し、ヘモグロビンa1cを下げることに繋がるのです。

 

 

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げるおすすめの方法・サプリメント編

色々考えると大変ですから、なんだかんだいって、サプリメントが一番手っ取り早いです。
薬には副作用とかいろいろとありますが、サプリメントに副作用はありません。
イヌリンは血糖値上昇、ヘモグロビンa1cの数値改善に大いに期待できる成分です。
そのイヌリンが豊富に含まれている「菊芋」からつくられたサプリメントがおすすめです。
糖尿病患者さんを対象に、イヌリンサプリメントを飲み続けた結果、全員が数値改善したデータもあるほどです。
詳しくはこちら

 

飲み過ぎに注意することなどはあります。あと個人によって合う、合わないもあるので、飲む前にかかりつけの医師に相談してもよいでしょう。

 

血糖値 とは?血糖値について解説
血糖値とは私達の身体の中を流れる血液中のブドウ糖の濃度のことです。1dlの血液に何mgのブドウ糖が含まれているのかという数値で表しています。私たちの身体には血糖値を正常に保とうとする機能が備わっています。下げるためにはインスリンが、そして上げるためにはアドレナリンやグルカゴンや成長ホルモンなどのホルモンが活動します。血糖値は高すぎても低すぎても、私たちの身体に不具合をもたらすことがあるのです。血糖値が上がった場合は、本来はインスリンが分泌されて下げる仕組みになっていますが、もし上がった状態が続くと、血液が濃くなって脱水状態になり、糖尿病や心筋梗塞や肝硬変などの病気にかかりやすくなってしまいます。血糖値が高い人は、生活習慣を改めて血糖値を下げることが、糖尿病予防に繋がります。また、逆に忙しくて食事がとれないと低血糖になり、集中力が無くなってぼんやりしたり、イライラして落ち着きが無くなったりします。それが進行すると頭痛や吐き気やめまいなどの症状が現れ、酷い時は昏睡状態になることもあります。このように、血糖値は高すぎても低すぎても私達の身体に影響を及ぼすので注意が必要です。食生活を見直し、適度な運動を心掛けることが大切です。

菊芋は糖尿病予防に効果あるのか?

生活習慣病のひとつである糖尿病は、さまざまな合併症を引き起こします。目のかすみや視力低下、失明などの危険がある糖尿病性網膜症、高血圧や腎不全などを引き起こす糖尿病性腎症、手足のしびれや痛み、足の潰瘍や壊死などが起こる糖尿病性神経障害などです。また、動脈硬化が進むと脳卒中や心筋梗塞を起こすリスクが高くなります。命に関わる病気につながってしまう、恐ろしい病気です。
そこで、糖尿病の予防におすすめの食材が菊芋です。菊芋にはイヌリンという成分という成分が含まれています。イヌリンの効果は、糖の吸収や血糖値の上昇を抑える働きです。実際に血糖値が下がったという声もあり、糖尿病予防としても効果的です。
糖尿病で食事制限をされている方で心配なのは、芋だから糖質が高いのではないかということでしょう。実は、菊芋という名前ですがイモ類ではなく、キク科の植物です。糖質であるデンプンは少ないので、血糖値が高い方でも安心して摂取できます。
さらに、イヌリンは腸内の善玉菌を増やす働きもあると同時に、菊芋には水溶性食物繊維が多く含まれています。老廃物を排出を促して腸内環境を整えるので、デトックス効果もあります。
菊芋の効果は、糖尿病の予防と腸内環境の正常化です。菊芋を手軽に摂取できるサプリメントもあります。血糖値が気になる方は、チェックしてみてはいかがでしょうか

↓↓↓

「前田の菊芋」数値改善のサプリメントはこちらから

生活習慣病予防に最適!菊芋の糖尿病への効果とは?

生活習慣病を予防する効果があるとして近年人気が高まっている菊芋サプリですが、特に注目されているのが糖尿病への効果です。
糖尿病は血液中から糖がスムーズに取り込まれなくなって慢性的な高血糖状態になる生活習慣病で、特に中高年や太り気味の方に多いのが生活習慣の乱れが原因で起こる「2型糖尿病」です。
2型糖尿病では糖分の摂り過ぎを控えながら、食後に生じる血糖値の急上昇をしっかりと抑え、血糖値のコントロールをすることが重要となります。

 

菊芋にはイヌリンという成分が豊富に含まれています。
イヌリンとは複数の糖が結合してつくられる多糖類の一種ですが、他の食べ物のように胃腸の消化酵素で消化されず腸まで届く性質を持っています。
また、イヌリンは胃や腸で水分を吸収してゲル状に変化して腸を少しずつ流動していくので、食事で摂取した糖分の吸収を抑制し、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあるといわれています。
つまり、イヌリンを毎日サプリメントなどで摂取することで血糖値のコントロールがスムーズになるので、糖尿病の予防・改善につながるというわけです。

 

さらに、イヌリンは腸内に到達すると善玉菌のエサとなるオリゴ糖の一種に変化し、善玉菌の増殖を助ける性質を持っているので、毎日摂取することで腸内環境が改善され、便通もよくなります。
便通がよくなると体内の老廃物の排出がスムーズになるので、細胞の代謝も活発になります。
つまり、糖尿病を初めとした生活習慣病の悪化の原因となる肥満を予防・改善する効果も期待できるので、太り過ぎで医師に痩せるように忠告されているという方にも菊芋サプリがお勧めです。

 

難消化性デキストリンってなに?

難消化性デキストリンは水溶性の食物繊維です。
天然のでんぷんで作られていて整腸作用と糖尿病予防に効果があるとされています。

イヌリンと難消化性デキストリンの違い

イヌリンは菊芋やゴボウに含まれていて、難消化性デキストリンはトウモロコシなどから取れるでんぷんです。
両者とも多糖類で水溶性食物繊維で効能も糖尿病予防と整腸作用を整えるなど、似たようなものとなっています。
そのような中で以下の点で両者の違いがあります。
イヌリンが優れている点

  • ダイエット効果 インシュリンの分泌を抑える効果が高いため
  • 善玉菌を増やす フラクトオリゴ糖に変化するため
  • 難消化性デキストリンが優れている点
  • 味 無味無臭で飲み物や料理に使われます。
  • 溶けやすさ 
  • 安全性 整腸作用など消費者庁よりトクホとして認可されています。

↓↓↓

「前田の菊芋」数値改善のサプリメントはこちらから

試してガッテン・林先生の初耳学でイヌリンが特集

雑学・健康系番組で今後イヌリンが特集されたことは度々あります。
これからもあると思います。現在のエンタメ系健康番組をざっとあげてみます。
この中から将来的に糖尿病というテーマの中で、菊芋や、イヌリンの特集があるかもしれませんね。
今現在の健康系番組を上げてみましょう。
「ためしてガッテン(NHK)→イヌリンを特集済み
「主治医が見つかる診療所(旧・解決スイッチ)」 (テレビ東京)
草野さん、東野さんが司会。
「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学(ABC朝日、テレビ朝日)」
北野武さん、斎藤真美アナウンサー
「きょうの健康(NHK)」
「駆け込みドクター!運命を変える健康診断(TBS)イヌリンは未定」
オードリーの若林さん、春日さん、久本雅美さん司会
「林先生の初耳学(MBS東京(TBS)イヌリンはまだ!?」
林 修(東進ハイ スクール)司会